このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
大石田町
    Loading



本文ここから

地域おこし協力隊

更新日:2017年4月6日

地域おこし協力隊とは

「都会を離れて地方で生活したい」「地域社会に貢献したい」「人とのつながりを大切にして生きていきたい」「自然と共存したい」「自分の手で作物を育ててみたい」・・・

今、都市に住む人たちがさまざまな理由で豊かな自然環境や歴史、文化などに恵まれた「地方」に注目しています。

「地域おこし協力隊」とは人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民からのニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度です。

大石田町で初めての地域おこし協力隊を任命しました

4月3日に大石田町において初めての地域おこし協力隊の2名を任命しました。任期は1年間(平成30年3月31日まで)となりますが、活動実績等を踏まえ、最長3年間まで延長することが可能です。
主な活動内容は(1)観光物産の振興(2)移住の促進(3)産業の活性化(4)JR大石田駅前の賑わい創出拠点施設の運営業務などを行っていただく予定です。


香坂 明


前住所地:東京都(出身は山形県米沢市)
自己紹介:
蕎麦に惚れ、漬物に惚れ、なにより人に惚れ、この街に住み着こうと考えました。

キャンプ、スキー、トレッキング、コーヒータイムが大好きな素朴男です。

8月頃完成予定の駅前スペースを活用とPR活動を通して、大石田の目に見える魅力と、隠れた魅力を
多くの方に知っていただくきっかけづくりを行います。

この街の景色、食べ物、文化を体感し、大石田生活を楽しみつくそうと考えております。

今知りたいこと:ペソラ漬の漬け方、おいしいスイカの見分け方

遠藤 舞子


前住所地:東京都(出身は宮城県)
自己紹介:
海の町で生まれ育ったので、「見渡す限り山」という環境がとても新鮮で、
山々の景色の美しさに毎日感動しています。

活動の中で町の方々とたくさん関わり、皆様が大切にしている大石田の文化や魅力を知り、
自分自身でも大石田の新しい一面を作っていけたらと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします!!

好きなこと:キャンプ、ピクニック、山菜

お問い合わせ

まちづくり推進課 政策推進グループ
〒999-4112 山形県北村山郡大石田町緑町1番地
電話:0237-35-2111 ファックス:0237-35-2118

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

大石田町の地方創生

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

大石田町


〒999-4112
山形県北村山郡大石田町緑町1番地
代表電話:0237-35-2111
ファックス:0237-35-2118
Copyright (C) Oishida Town All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る