このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
大石田町
    サイト検索:キーワードを入力してください。



本文ここから

乳幼児の予防接種

更新日:2018年1月18日

予防接種を受けましょう

 赤ちゃんは、産まれてしばらくたつと、病気に対する抵抗力(免疫)が次第に失われていきます。そのため、予防接種を受け、赤ちゃんが自分で免疫をつくって病気を予防できるようにすることが必要です。
予防接種は、すべて個別接種となります。町指定の医療機関に予約して、予防接種を受けてください。

定期予防接種とは

 定期予防接種とは、法律によって種類と対象者が定められているものをいいます。病気にかかりやすい時期を考慮して定められた期間がありますので、できるだけその期間に接種しましょう。この期間に接種した予防接種料金は町で負担します。

定期予防接種
種類

標準的な接種期間
(定期接種対象年齢)

回数 間隔
ヒブ(初回) 生後2か月から7か月未満
(生後2か月から5歳未満)
3回 27日から56日の間隔をおいて
ヒブ(追加) 初回3回目接種後7か月から13か月の間隔をおいて
(生後2か月から5歳未満)
1回 初回3回目接種後7か月から13か月の間隔をおいて
小児肺炎球菌(初回) 生後2か月から7か月未満
(生後2か月から5歳未満)
3回 27日以上の間隔をおいて
小児肺炎球菌(追加) 初回3回目接種後60日以上の間隔をおいて、生後12か月から15か月未満
(生後2か月から5歳未満)
1回 初回3回目接種後60日以上の間隔をおいて、生後12か月から15か月未満
B型肝炎(1回目) 生後2か月から9か月未満
(生後2か月から1歳未満)
1回  
B型肝炎(2回目) 生後2か月から9か月未満
(生後2か月から1歳未満)
1回 1回目から27日以上の間隔をおいて
B型肝炎(3回目) 生後2か月から9か月未満
(生後2か月から1歳未満)
1回 1回目から139日以上の間隔をおいて
四種混合(初回) 生後3か月から1歳未満
(生後3か月から7歳6か月未満)
3回 20日から56日の間隔をおいて
四種混合(追加) 初回3回目接種後12か月から18か月の間隔をおいて
(生後3か月から7歳6か月未満)
1回 初回3回目接種後12か月から18か月の間隔をおいて
BCG 生後5か月から8か月未満
(1歳未満)
1回  
麻しん風しん(1期) 1歳から2歳未満 1回  
麻しん風しん(2期) 小学校入学前の1年間 1回  
水痘(1回目) 1歳から1歳3か月未満
(1歳から3歳未満)
1回  
水痘(2回目) 1回目接種後6か月から12か月の間隔をおいて
(1歳から3歳未満)
1回 1回目接種後6か月から12か月の間隔をおいて
日本脳炎(1期)※ 3歳から4歳未満
(生後6か月から7歳6か月未満)
2回 6日から28日の間隔をおいて
日本脳炎(1期追加)※ 4歳
(生後6か月から7歳6か月未満)
1回 1期初回(2回目)接種後おおむね1年の間隔をおいて
日本脳炎(2期)※ 9歳
(9歳以上13歳未満)
1回  

※日本脳炎予防接種は、平成17年5月から約5年間、積極的勧奨が差し控えられていました。
 それにより接種機会を逃した方への措置がありますので、保健福祉課までお問い合わせください。

町内で接種できる医療機関

医療機関一覧(50音順)
医療機関名 電話番号
吾妻クリニック 35-2021
神林内科小児科医院 35-2202
後藤医院 35-2034

※要電話予約

町外の医療機関で接種を希望する場合

指定された町外の医療機関でも接種できます。その場合は「予防接種券」が必要になります。
事前に保健福祉課窓口での手続きをお願いします。
 【手続きに必要なもの:母子健康手帳、印鑑】

お問い合わせ

保健福祉課 保健医療グループ 保健衛生担当
〒999-4112 山形県北村山郡大石田町緑町1番地
電話:0237-35-2111 ファックス:0237-35-2118

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

予防接種

  • 乳幼児の予防接種
編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

大石田町


〒999-4112
山形県北村山郡大石田町緑町1番地
代表電話:0237-35-2111
ファックス:0237-35-2118
Copyright (C) Oishida Town All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る