このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
大石田町
    Loading



本文ここから

歌枕を巡る1

更新日:2016年3月25日

向川寺(こうせんじ) 境内 板垣家子夫歌碑

「ためらはず大きうねりにつかんとし底ごもりしてひびく川おと」
茂吉の直弟として、大石田に茂吉を招きお世話する一方、「白き山と最上川」の刊行を通 して、「大石田と茂吉」のかかわりを広く全国に紹介しました。

  • JR大石田駅より 車7分 徒歩45分

西光寺(さいこうじ)境内 松尾芭蕉句碑

「さみだれを集めてすずし最上川」
芭蕉が来訪してからおよそ80年後に、土地の俳人土屋只狂が建てたものです。

  • JR大石田駅より 車5分 徒歩15分

田沢沼 齋藤茂吉歌碑

「高原の沼におりたつ鸛ひとつ山のかげりより白雲わきて」
歌人 齋藤茂吉が、この沼の風景に惚れ込み、良く訪れたところです。

  • JR大石田駅より 車10分 徒歩60分

乗舩寺(じょうせんじ)境内 齋藤茂吉歌碑

「最上川逆白波のたつまでにふぶくゆうべとなりにけるかも」
大石田の冬の厳しさを詠んだ、茂吉生涯の作品の中でも最高峰と言われる歌です。この歌は歌集「白き山」に収録されています。この同寺前庭に茂吉の分骨の墓があります。

  • JR大石田駅より 車5分 徒歩15分

乗舩寺(じょうせんじ)境内 正岡子規句碑

「ずんずんと夏を流すや最上川」
みちのくへの旅の折、子規は大石田を訪れています。この句は、その時に詠んだ句です。また、この句碑の左上に、在りし日の子規の肖像が彫られた珍碑です。

  • JR大石田駅より 車5分 徒歩15分

お問い合わせ

産業振興課 商工観光グループ
〒999-4112 山形県北村山郡大石田町緑町1番地
電話:0237-35-2111 ファックス:0237-35-2118

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

大石田町


〒999-4112
山形県北村山郡大石田町緑町1番地
代表電話:0237-35-2111
ファックス:0237-35-2118
Copyright (C) Oishida Town All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る