このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
大石田町
    Loading



本文ここから

大石田そば街道

大石田そば街道

かつて最上川舟運の河岸場として栄え、今も町のあちこちにその名残をとどめる大石田町。
ここは昔からそばの里としての土壌を培ってきました。
町の平野部と山間部を中心に、いくつもの名物手打ちそば屋が軒を連ね、休日ともなれば、県外からの家族連れなど、多くの人たちが大石田ならではのそばを求めて足を運びます。
まことに、「そば好きは遠くを厭わず」です。
最上川の流れ、そば栽培に適した気候、そして伝統のそば打ち職人に支えられた大石田のそば。
まさに街道と呼ぶべきそばの里は、訪れる人を豊かな自然・風土へ誘います。
さぁ、そば好き仲間とそば談義に花を咲かせてみませんか。

大石田そば街道は、平成11年に結成し、現在14店の手打ちそば屋が加盟しています。腕自慢のそば屋が力を合わせてそばの里づくりに取り組んでいます。新そばまつりや社会福祉施設等の慰問のほか、県内外でのそば振る舞い、物産展など各種イベントにも積極的に参加し、さまざまな活動を展開しています。

大石田がそばの里と呼ばれる4つの理由

其の1 そば栽培に適した風土・土壌 大石田オリジナルのそば種「来迎寺在来」

大石田は玄そばの産地として知られ、生産量は県内でもトップクラス。夏と冬、昼と夜の寒暖の差が豊かな風味を育みます。
およそ130年前に伝来し土着した在来種の「来迎寺」や次年子の地そばを使った大石田そばは、程よいコシがあり、のどごしなめらかな田舎そばの逸品です。

其の2 女性たちが育んだ歴史 伝統のそば振る舞い

大石田では、カノ焼き(焼畑)は男の仕事、そばを打つのが女の仕事とされてきました。どこの家にもそば打ち道具があり、人が集まれば女性たちはせっせと打ちたてのそばを振る舞いました。母から子へ、また嫁へと受け継がれるそば打ちの技は家庭の味として「どこそこのそばはうまい」と評判になり、いつしか農家の軒にのれんを掲げたのがこのあたりのそば屋のはじまり。
今でも、大石田のそば屋の主役は女性です。

其の3 もてなしの文化が息づく 大石田新そばまつり

大切な客人を美味しいそばでもてなすのが大石田流。
美味しいそばの条件は「挽きたて」、「打ちたて」、「茹でたて」の三拍子がそろうこと。この三たてに「採れたて」が加わる新そばのシーズンに新そばまつりを開催し、大石田のそばを振る舞います。使用するそばは「来迎寺在来」。大石田町でしか味わえないこのそばを、新そばまつりのために大切に育てています。
そば街道全店のプロの打ち手と、“そば打ちが生きがい”の玄人が一堂に会し、大石田ならではの香り高く風味豊かな旬のそばを提供します。

其の4 心あたたまるふれあいの場 自分流のそばを

大石田そば街道振興会加盟店の一部の店やあったまりランド深堀でそば打ち体験ができます。
そば打ち名人がこね・のし・切り・茹でまでやさしく、楽しく、懇切丁寧に伝授してくれます。愛情込めて打つ自作のそばは、味わいも格別です。そば本来のうまさを知るには自分で打ったそばを味わい、そば打ちの奥の深さを肌で感じるのが一番。世界で唯一、あなただけのオリジナルそばを味わってみませんか。いずれも予約が必要ですので、各店にご連絡ください。

そば打ち体験実施店

  • あったまりランド深堀(80名まで可能) 電話:0237-35-5353
  • 次年子産業協同組合 電話:0237-35-4150
  • 蕎麦屋まんきち 電話:0237-35-3620

かおり風景100選に「大石田町そばの里」認定

「大石田町そばの里」は平成13年に環境省の「かおり風景100選」に認定されています。
かおり風景100選は、自然景観や文化、生活、歴史など、その地に住む人々や訪れる人々にとって心地よいと感じ将来に残したい「かおり」の風景を環境省が選定しているもの。栄誉ある認定は、そば文化を大切に育んできた大石田の風土と、そばを愛する多くの人々が大石田をめんごがって(可愛がって)くださったお陰です。

大石田そば街道振興会

大石田そば街道パンフレットを差し上げます

大石田そば街道加盟店の紹介や地図の入ったパンフレットを差し上げます。ご希望の方は電子メールにて申し込みください。送付先の住所と氏名をお知らせいただくと、パンフレットを郵送させていただきます。

9月上旬がそば畑(そばの花)の見ごろ

大石田のそばの種まきは7月終わりごろから8月上旬。
そばはおよそ5日で芽を出し、種まきからおよそ25日で真っ白なそばの花が咲き始めます。
さわやかな秋風が吹きはじめる頃には、白い花が一面に咲きほこるそば畑を見ることができます。

おすすめスポット

白い花はやがて赤い実をつけます。
その後、赤い実は黒く堅い殻に被われます。その実を収穫して、石臼などで挽いて粉にすると「そばのかおり」を発します。
かおりがなくならないうちに挽きたてのそば粉でそばを打ち、火力の強い釜で躍らせるように一気に茹で上げ、冷水で素早く締めて「板」と呼ばれる浅い平木箱の器に盛りつける。
ふくよかなかおり、さわやかな食感、食欲をそそる音。それはまさに至福のときです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

大石田町


〒999-4112
山形県北村山郡大石田町緑町1番地
代表電話:0237-35-2111
ファックス:0237-35-2118
Copyright (C) Oishida Town All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る