このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

大石田町ロゴ画像

メニューを開く
サイト内検索
サイト検索:キーワードを入力してください。
大石田町公式LINE 石田町公式facebook
サイトメニューここまで


本文ここから

地域おこし協力隊を募集します

更新日:2022年11月18日

地域おこし協力隊を募集しています

募集チラシ

大石田町は山形県内でも有数の豪雪地帯で、平地でも約2mの積雪があります。近年、豪雪を理由とした町外への転出に歯止めが利かない状況が続いており、人口減少が加速している現状にあります。
しかしながら、風光明媚な原風景、高品質な農産物、最上川舟運がもたらした歴史文化、山形新幹線や高速道路の整備による利便性の向上、自慢の特産品や食文化、そして、住んでいる町民の温かさ...。
これらの「点」を「線」に換え、大石田町の未来を創造するため、新しい視点を取り入れることで、さらなる進展が図られるものと考えています。

募集する地域おこし協力隊は?

(1)関係案内所「KOE no KURA」の施設運営:2名

JR大石田駅前にある古い土蔵をリノベーションした駅前賑わい拠点施設「KOE no KURA」は、「大石田町とソトのヒト・モノ・コトが交流する場所」をコンセプトに、平成29年8月にオープンました。
現在活動中の2名の協力隊員(2年目)が施設の運営を行っており、観光情報はもちろん、文化や住む人との繋がりづくりのお手伝いをしていただいております。
また、この施設は地域の方が集まるコミュニティスペースとしても機能し、ここから新しい関係や面白い取り組みが生まれています。施設名の「KOE no KURA」は「声の蔵」を意味しており、たくさんの「声」と「声」が出会い、交流が生まれる場所を目指しています。
そこで、今後のさらなる施設の活用促進と関係人口の増加を目指し、「KOE no KURA」の運営に従事する方を2名募集します。

■詳しくは募集要項(PDFファイル)をご確認ください。
■お申し込みの際は、申込用紙(Wordファイル)により提出をお願いします。

募集内容と応募方法

募集内容
職名 大石田町地域おこし協力隊
募集人員 2名
勤務場所 大石田町賑わい拠点施設「KOE no KURA」
応募資格

次の1から8のすべての要件を満たす方
1.年齢18歳以上の方(令和4年4月1日現在)
2.大石田町地域おこし協力隊の趣旨を理解し、行政及び地域住民と協力し意欲的に地域力の維持・強化に資する活動ができる方
3.三大都市圏をはじめとする都市地域や政令指定都市等に在住しており、大石田町地域おこし協力隊として任用後に当町に生活の拠点を移し、住民票を異動させることができる方※三大都市圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)のうち、過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法及び半島振興法に指定された地域以外の地域。
4.協力隊任期終了後も大石田町に定住する意志のある方
5.心身ともに健康で、誠実に業務を行うことができる方
6.地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方
7.普通自動車運転免許を取得している方
8.パソコン(ワード、エクセル、メール等)の一般的な操作ができる方

活動内容

1.関係案内所「KOEnoKURA」を活用した関係人口の創出
★大石田駅前賑わい拠点施設「KOEnoKURA」の施設運営
★「KOEnoKURA」における新たなイベントの企画・運営
★大石田暮らしのススメ等の情報発信(SNS等)
2.その他
★隊員の経験やスキル・特技などを活かした企画の提案・実施
★ホームページ、ブログ、SNSによる大石田町のPR活動
★町内各地区における地域活動の活性化支援

★その他、町が認める地方創生の推進に必要となる取り組み
雇用形態及び期間

1.身分は、会計年度任用職員とします。
2.任用期間は、令和5年4月1日以降の任用開始日から1年間とします。ただし、活動実績等を踏まえて、1年毎に更新し最長で3年間まで延長することが可能です。

3.地域おこし協力隊員としてふさわしくないと町長が判断した場合には、任期中であっても、任用を取り消すことがあります。

その他、勤務条件等は募集要項をご覧ください。

同時募集

  • 大石田温泉あったまりランド深堀の広報
  • 大石田温泉あったまりランド深堀の企画運営

詳細は、下記担当者までお問い合わせください。

応募手続
提出書類

隊員応募用紙 1通
※胸から上を正面から撮影した顔写真を貼り付けてください。
※学歴・職歴は、必ず全てご記入ください。
活動に関するレポート 横書き3枚程度(最大3,000字)、書式自由
※ご自身の紹介、経験・スキル・特技を活かして、取り組んでみたい地域おこし活動についてまとめてください。(画像や図表の活用及びパソコンでの作成可。)
住民票抄本 1通(提出日の1ヶ月以内のもの)

受付期間

令和4年6月13日(月曜)~令和4年12月12日(月曜)(必着)
※郵送で受付けます。封筒の表に「地域おこし協力隊申込」と朱書きしてください。なお、提出した書類は返却しません。

※期間中に隊員が決定した場合は、期間途中でも募集を終了します。
書類提出先

宛先:大石田町役場 まちづくり推進課 政策推進グループ
住所:〒999-4112 山形県北村山郡大石田町緑町1番地
電話:0237-35-2111/FAX:0237-35-2118

E-mail: seisaku@town.oishida.yamagata.jp

選考方法について

選考方法
第1次選考 書類選考の上、12月中旬(予定)に結果を文書で通知します。
第2次選考 第1次選考合格者を対象に、12月下旬(予定)に第2次選考(面接選考)を行う予定です。日時及び会場等の詳細については、第1次選考結果の通知の際にお知らせします。(面接に係る交通費等は、応募者負担とします。)
最終結果の報告 面接後1週間以内に文書で通知します。

選考経過、結果等に関するお問い合わせにはお答え出来ません。

◎任期後の定住(就業・就農・起業)についても、可能な限りサポートしていきます!

◎活動を通して多くの人と出会い、新しく「大石田暮らし」をスタートしてみませんか?

大石田町について

大石田町は山形県のほぼ中央部に位置し、面積約80平方キロメートル、人口は約6,500人の町です。町の中央部を最上川が南北に流れ、かつては最上川舟運最大の河岸として大いに繁栄し、今でも町のあちらこちらに、当時の名残を偲ばせます。
また、水と緑の豊かな景観に恵まれ、松尾芭蕉や齋藤茂吉、小松均、金山平三など数多くの文人墨客が訪れた、大石田の原風景が残されています。
主な産業は農業で、水稲や尾花沢すいかの栽培が盛んです。また、玄そばの産地としても知られており、町に130年以上前に伝わった「来迎寺在来」という希少な品種も脈々と作り続けられています。昼夜の寒暖差が大きいことや、最上川から発生する朝霧が多くの農産物に風味を与えると言われています。
近年は、そばの里づくりに力を入れており、平成13年には環境省「かおり風景100選」にも選ばれ、町内には14店舗の名物手打ちそば屋が軒を連ねる「大石田そば街道」があり、県内外から多くのお客様が訪れています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

まちづくり推進課 政策推進グループ
〒999-4112 山形県北村山郡大石田町緑町1番地
電話:0237-35-2111 ファックス:0237-35-2118

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

地域おこし協力隊

お気に入り

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
ページの先頭へ戻る

山形県大石田町

〒999-4112
山形県北村山郡大石田町緑町1番地
代表電話:0237-35-2111
ファックス:0237-35-2118
Copyright (C) Oishida Town All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る