このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
大石田町
    サイト検索:キーワードを入力してください。



本文ここから

大石田町ロケ映画「コンプリシティ/優しい共犯」

更新日:2020年2月21日

「コンプリシティ/優しい共犯」2020年1月17日ロードショー

コンプリシティ

2017年に大石田町でロケが行われ、各国の映画祭で高い評価を受けた映画「コンプリシティ/優しい共犯」がいよいよ劇場公開となります。
技能実習の職場から逃亡、他人になりすまして働きに来た中国人青年と、彼を受け入れる孤独な蕎麦職人。嘘の上に絆を強める二人を待つものとは――?
最上川沿いの風景や、まつり、花火・・・大石田の風物が美しい映像に取り込まれています。

県内映画館で上映中

上映劇場(山形県内)
  • フォーラム東根
  • 鶴岡まちなかキネマ

近浦啓監督トークイベント「大石田から世界へ」

映画の公開を記念して、近浦啓監督を招いてトークイベントを2019年12月20日に虹のプラザで開催しました。
配給などの都合により「泣く泣くカットした」という未公開シーンなどを上映しながら、
1時間半にわたり、撮影秘話や、ロケ地・大石田への思いなどたっぷりと語っていただきました。

各国の映画祭で高い評価

映画「コンプリシティ/優しい共犯」は、2018年に北米最大の映画祭・トロント国際映画祭でワールド・プレミア上映され、続いて釜山国際映画祭、ベルリン国際映画祭と、世界の名だたる映画祭への入選を果たしました。

映画祭・東京フィルメックス「観客賞」を受賞

日本初上映となった「東京フィルメックス」は、アジアを中心に独創的な作品を世界から厳選して上映する映画祭。

「コンプリシティ」は、観客投票により一作品のみ選出される観客賞を受賞しました。

(写真提供:深谷直子)

大石田町ロケ

映画は2017年8月から9月にかけて町内各地でロケが行われました。そば店のセットは町の空き家バンクに登録されていた物件を実際のそば店さながらに改装したもので、藤さんはそば店主を演じるにあたり、およそ2週間、大石田そば道楽の会のメンバーに指導を受けて繰り返しそばを打ち続けました。また、撮影には多くの町民がエキストラとして参加しました。

町の空き家バンクに登録されていた一軒家をメインセット「そば処ゆら」に改修。
まるで、町に一軒蕎麦屋が増えたかのように、細部まで作りこまれています。

映画情報

タイトル:「コンプリシティ/優しい共犯」
出演: ルー・ユーライ、藤竜也、赤坂沙世、松本紀保
監督・脚本・編集: 近浦啓 
2018/116分/カラー/日本=中国/5.1ch/アメリカン・ビスタ
製作:クレイテプス / Mystigri Pictures

お問い合わせ

総務課 総務グループ
〒999-4112 山形県北村山郡大石田町緑町1番地
電話:0237-35-2111 ファックス:0237-35-2118

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

各種お知らせ

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

大石田町


〒999-4112
山形県北村山郡大石田町緑町1番地
代表電話:0237-35-2111
ファックス:0237-35-2118
Copyright (C) Oishida Town All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る